女性が望む占いとは

日本人は占いが好きな民族だといっても良いでしょう。
テレビや雑誌など占いに触れる機会も多いわけです。
そんな中で、男性よりも女性のほうが占いが好きだというイメージはあるでしょう。
実際に占い師さんに占なってもらうのは女性が多いわけです。
当たる占いと評判が広がれば、多くの占い好きの女性が列をなすことになるわけです。

女性の興味はやはり恋愛です。ですから、恋占いや相性占いというようなことになるでしょう。
失恋を乗り越えるために占なってもらうというような人もいるでしょう。
そんな女性ならば、当たる占いよりも希望の持てる占いを望むかもしれません。
ですから、占い師さんもそんな女性の気持ちを汲み取って、当たる占いということにはこだわらないアドバイスをしてくれるということもあるでしょう。

占い師さんに求められているのは、占い当たるということだけではないということです。
時には当たる占いである必要すらなすらないということもあるわけです。
そんな柔軟な対応が出来てこそ、人気の占い師さんという事になれるのでしょう。

女性から占い師さんに求められているのは、女性を前向きにさせてくれるというようなことなのです。
良いアドバイスをもらえるような占い師さんに女性は惹かれるというわけです。そして、行列が出来るのです。
当たる占いということも大事ですが、人柄であったり、包容力であったり、人間的な魅力も必要になるという事です。

よい占い師さんを選びたいというのだあれば、そのあたりに注目してみると良いかもしれません。
もちろん恋愛相談や人生相談がしたいというような人の場合です。
当たる占いを重視するというような人もいるでしょうから、そんな人は確率の高い占いをしてくれる人を探したほうが良いかもしれません。
何を望むかで選ぶ占いも占い師さんも変わってくると言うことです。

失恋を癒すパワーストーン

失恋をすれば心が痛みます。誰でもそうです。何かに癒やしを求めます。
それは、愛着のあるぬいぐるみかもしれません。
愛犬を撫でているだけでも心が落ちつくこともあるでしょう。
あなたの心が安らぐものであれば、何でもいいと思います。

真剣な恋愛であればあるほど、心の傷は深く、次の恋へ臆病になってしまうかもしれません。
ヘタすると、人間そのものが信用できなくなることもあります。これはあまり良い傾向ではありません。

そんな方には失恋を癒やし、次のステップに前向きになるためのパワーストーンをオススメしましょう。

失恋を癒すといわれるパワーストーンの例を挙げてみます。あくまでも一例なので、参考程度と思ってください。

・ローズクォーツ
女性としての運気を高めてくれる石と言われています。
愛とやさしさのシンボルですね。
色も女性らしく、さりげなく取り入れるにはベストでしょう。

・インカローズ(ロードクロサイト)
心の傷を癒してくれる愛情の石と言われています。
恋愛のトラウマなどを取り去ってくれるので、失恋にはピッタリですね。

・クンツァイト
これも失恋に適しているでしょう。
大人の女性らしさを引き出してくれる石と言われています。
無償の愛とポジティブな思考を与えてくれるでしょう。

パワーストーンには多くの種類があり、それぞれに違う意味合いをもっています。
ただ、解釈の差により、専門のサイトでも、パワーストーンの本でも、微妙に違っていて悩むかもしれません。

そんなときにはパワーストーン選びをしてくれる、よく当たる占い師に診断してもらいましょう。
あなたの性格や運勢、そして恋愛運によって適切なアドバイスをくれるはずです。
この占い当たる!と評判の店なら、安心できますよ。

当たる占いと呼ばれる占い師はパワーストーン選びだけでなく、さまざまな助言をしてくれるでしょう。これがよく当たる占いと人気の理由です。くちこみや、インターネットのサイトなどで、この占い当たる!というお店の情報を集めてください。

私はタロット占いが大好きなんだなと思います

タロットカード歴3年のひよっこ占い師です。
常々思うのはタロット占い師は通訳だなというところです。

タロットカードは切って並べてそれを読むわけです。
でもその並び、絵を正確にちゃんと読めなければ意味がありません。
ちゃんと読めなければ占い当たる当たらない以前の問題になります。

カードの意味が書かれた本を1冊覚えたからといって正確に読めるわけでもありません。
ましてや日本語になる前の元本を覚えたからといって正確だとも言えません。
タロットの奥深さは一生続きそうな感じです。

タロット占い師は、あくまでも伝達者であり通訳であるという感じがします。
プロになる前、友達や家族を占い、「占い当たるといいね」と言っていましたが、占い当たる当たらないは関係なく、それ以上でもそれ以下でもないのです。
それが定めなのです。
だから正しく読み、伝え、占った相手の将来が上手くいくようにサポートしてあげることも大事です。

私は占い師を職業としてやっていますが、たまに勉強のために他の占い師の方に占ってもらうようにしています。もちろんタロット占いをメインにやっています。
そうすると自分にないもの、参考にしなければいけないものが多く見えます。
当たる占い師、売れてる占い師として有名な方はたしかに!という占いをします。
みなさんそれぞれ解釈が違い、1枚1枚の解釈を語る方、全てを見て、総合的に語る方、数枚に注目する方、いろいろです。
どの占い方が正しいとかは無いと思います。通訳の方法がみんな違うというだけです。

占いには「相」「卜」「命」3つの種類があります。タロットは「卜」に当たります。私の場合ここに「手相」と「占星術」を加えられてやっと一人前になります。

当たる占い師、売れてる占い師として人気のプロになれるようさらに勉強してお客さんの力になりたいと思います。

最近人気の守護天使占いとは?

守護天使占いを知っていますか?最近、とても人気が高く、インターネットにも多くのサイトがあります。お手軽に診断できるサイトから、よく当たる占い師の紹介まで。さまざまな占いのなかでも急上昇の人気占いです。
守護天使とはキリスト教で、神がそれぞれの人間を見守ってくれる天使のことで、一般的には72種類の天使がいます。このあたりは教派によっても異なるようですが、詳細は省いておくことにしましょう。

おそらく、ある年代の女性ならマンガやアニメで守護天使に親近感をおぼえた方もいるはずです。
人気の理由はさまざまあると思いますが、そのひとつは美しさでしょう。どのサイトを見ても、まるで古代ギリシアやローマ帝国を想起させるようなルネサンス的イラストであふれています。

生まれてから死ぬまで守ってくれているのが、そんな神々しい天使なら、気持ちも安らぎますし、それだけでパワースポットにいるような錯覚さえ感じるでしょう。
雰囲気としては、少しニュアンスが違いますが、タロットやジプシーなどに似ているかもしれません。日本古来ではなく古い西洋文化や様式は、一言でオシャレに思えます。

一番のポイントとなる、よく当たる占いなのか、この占い当たるものなのか…それはやはり直接、診断してもらう占い師が断然、良いでしょう。タロット占いでも、水晶占いでも、対面式がベストです。

インターネットには簡単に診断できるものもありますが、真面目に占いを考えている方は実際に目の前でやってくれるサイトを探してください。中には占星術などの他の占いと統合した独自の研究をしている、よく当たる占い師と評判の方もいます。

見た目はオシャレかもしれませんが、全世界で布教しているキリスト教から由来したものなので中身はとても濃いです。この占い当たるの?なんてセリフは失礼にあたるのかもしれません。
ぜひ、興味がある方は守護天使占いを体験してみてください。

宗教と関係した占い

占いと密接な関係を持つもののひとつが宗教です。
古くは占いが学問のひとつであったように、宗教も学問の側面がありました。
当たる占いを求めるのは今の考えで、当時では占いは科学に近い捉えられ方をしていました。
そのため、当たる占いなのは当然のことだったのです。

<馴染み深い宗教と関係した占い>
私達に馴染んでいる当たる占いで宗教に関係しているものといえばおみくじです。
初詣などにくじを引いて占うおみくじは神社で行われるもので、宗教と切っても切れない関係です。
また、おみくじの一種であるおみくじクッキーは中華料理店を通じてアメリカなどで広く親しまれている占いです。
これはクッキーの中におみくじが入ったもので、割ると中からくじが出てきます。
北米地域では中華料理と共に親しまれています、。

<占いに否定的な宗教>
その他の宗教でも簡単な占いを持つものは多くあります。
しかしそれらは小規模であったり多神教が中心です。
逆に多くの方に信仰されている宗教では占いに対して否定的な見解を持っているものがあります。例えば仏教では宗派によって多少の違いはあるものの、基本的には否定的な立場を取っています。
またキリスト教もやイスラム教、ユダヤ教といったヨーロッパや中東の宗教も占いに対して否定的な部分があります。

<新しい宗教と占い>
新たな宗教と占いの関係も生まれています。
とくに近年流行しているスピリチュアルは占いと密接な関係を持つものがあり、当たる占いという評価を得ています。
このスピリチュアルという考え方は元々は宗教と対立したものであり、日本でもパワ―スポットとして宗教的な場所を重視するなど影響を受けている部分があります。
こういったものの中には悪質なものもありトラブルが発生しています。
あまりに高額な場合などは当たる占いと評判であっても注意が必要です。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.